「東京ガス/松下製AT-4201ACSAW3Qからリンナイ製・・・ | 「お湯が出ない!」給湯器のトラブル解決!

給湯器のトラブルは関東給湯器交換サービス
046-854-5557

「東京ガス/松下製AT-4201ACSAW3Qからリンナイ製RUFH-A24300AW2-3への交換工事!」コロナが怖すぎる・・・子供たちを遊ばせるにも場所がなくって(;´Д`)

こんばんは!

関東給湯器交換サービスの中川聖太です!

 

子供たちの遊びに困りますね・・・

 

こうもコロナがすごいと

どこかへ出かけるのはもちろん、

買い物にも連れてくのが

怖くなってしまいますね(;´Д`)

 

かと言って家の中でずっと

過ごすのは無理ですし、

公園は近くの学童の子たちが

すごくってまだ小さいチビたちは

行けない・・・(´;ω;`)

 

家の外の道路で遊ばせてあげるぐらいしか

ないのですが、さすがに遊びも尽きてきますよね。

 

僕が仕事でいない時も

何とか遊ばせてあげている嫁さんに

感謝ですね(´;ω;`)

 

今日ご紹介するのは、

神奈川県横浜市磯子区にある

戸建て住宅でのTES給湯器交換工事です!

 

交換前の給湯器には、

東京ガス/松下製のAT-4201ACSAW3Qが

設置されていました!

 

この給湯器は、よく戸建て住宅などの

狭所に設置されていることが多く、

本体サイズがかなり細いことで

本体の向きが横を向けられるので

壁とは垂直方向に流せるようになっています!

 

ですが、今回もですが本体の前には

障害物がなくスペースもかなりありましたので、

通常型の給湯器への交換をお勧め

させていただき交換となりました!

 

まずは通常通り既存の給湯器から

配管や配線を取り外して

本体を据置台から撤去します!

 

据置台も交換しますので撤去したら

外した配管の接続口を確認して

古いパッキンを取り除いていきます!

 

元々の給湯器の転倒防止金具の部分に

防水のためのコーキングを打っておき

ビス穴をふさいでおきました!

 

今回は通常のTES給湯器への交換工事なので

地面のブロックの位置を再調整します!

 

半分ぐらいは埋まっているため

一度ブロックを掘り起こして

位置を合わせたら水平を合わせます!

 

新しい据置台を設置して

再度水平を微調整していきます!

 

ある程度据置台の位置も

奥行を計って決めたら・・・

 

本体を据置台の上に設置します!

 

転倒防止金具で本体を壁とで

固定して倒れないようにします!

 

転倒防止金具のビスにも

コーキングを打っておき保護をします!

 

設置までは完了です!

 

新しい給湯器に外した給湯器を

接続し直していきます!

 

ガス配管まで接続したら

専用のガス検知器を使って

ガス漏れがないかをしっかりと確認します!

 

配管の次は配線の接続をします!

 

その前に配線部をきれいにしておき、

端子も新しい物に交換しておきます!

 

リモコン線などを接続していきます!

 

あらかじめきれいにしておいたので

腐食や断線・接触不良の心配はありません!

 

交換前の台所リモコンです。

 

交換前の浴室リモコンです。

 

交換前の床暖房リモコンです。

 

交換後の浴室リモコン(BC-120VC)

通話機能付きリモコンです!

 

申し訳ございません。

またしても台所リモコンの撮り忘れです(;´Д`)

 

交換後の床暖房リモコン(FC-09DR)です!

 

ここまで交換ができたら試運転を

始めて機械などに異常がないかを

確認していきます!

 

 

新しい給湯器をお客様に見ていただきながら

ガス漏れがないかの確認を

再度行って一緒にご確認いただきます!

 

本体の前面パネルを閉じ・・・

 

据置台の前面カバーも閉じます!

 

新しい給湯器には、

リンナイ製のRUFH-A2400AW2-3を

設置させていただきました!

 

このようにスペースがあるのに

スリムタイプがついている場合は

通常型への交換をすることにより

少し値段を抑えて交換工事もできます!

 

ただその場合は基本的に

現場調査をさせていただいていますので

言っていただければと思います!

 

新しくなったリモコンの使い方も

簡単にですがご説明させていただきます!

 

自動配管クリーニングの試験も行います!

 

最後にお客様と一緒に記念写真も

撮らせていただけました!

ありがとうございます!!!

 

中川聖太

 

ガス給湯器を交換する業者さんに注意してください

ガス漏れをきちんと機械で測定しない

業者さんが増えています。

 

ガス給湯器交換工事を依頼する時にきちんとこの質問をしてください

「ガス漏れはきちんと機械で測定して検知してくれますか?」

 

実はガス漏れに繋がる事なので

すごく大事な質問なのです。

 

ちゃんと工事をする施工業者は

きちんと確認しています

 

この機械できちんと検知していないと

ノリをつけずに接続した時に

機械で調べないとガスが

漏れているか分からないのです

 

これは私も実験したことがあります

シャボン液ではかけた時に

泡が出て漏れているか

解りませんでした。

微小漏れで泡がはじけないのです

 

すごく重要な事です!!!

ガス漏れをきちんと機械で

測定してくれる業者さんを

選びましょう!

 

うそのような本当の話

結構、

ガス検知器具を持っていない

業者さんが多いですよ!

しっかりと確認してくださいね。

 

その見積もりは「いくらぐらい?」ではなく「これ以上かからない!」見積もりになっていますか?

最近、お客様より良くお聞きすることですが・・・

どこの給湯器交換業者さんもハッキリと

工事金額を教えてくれない!

 

それはなぜか?

安い金額で広告を出して工事中に

「あの部材がないので金額があがります」

「もう一人いないと工事できません」

このような事を云ってくる

給湯器交換業者さんが多いみたいです

 

給湯器交換を一人で取付に来る業者さんに注意してください

何だかんだと重たい給湯器!

通常の物でも30キロ

重いものだと40キロあります

 

ちょっと高い位置やパイプスペースの給湯器は

通常の戸建て給湯器の作業しやすい給湯器交換から考えると

物凄く作業のしにくい作業になります

 

きちんと丁寧に取り付けて作業するには

2人で作業してくれる方が安心です

 

そして2人で水漏れ・ガス漏れを

きちんと確認をしてくれて

最後にお客様と一緒に確認

してくれる業者さんに

給湯器交換工事を頼んでください!

 

ガス給湯器の品番を教えていただくときにこのラベルの2つの品番をお教えください!

 

このように2つのラベルが貼られています

ラベルが読めるときは

この2つの品番をお教えください

この場合ですと

京ガス品番

松下品番が記載されています

 

熱源付給湯器の場合は

特にこの品番で何個床暖房が

使用できるのか?

が解るので重要な品番になります

お湯が出なくてお困りの方、今すぐご連絡ください!