「レンジフード・ガスコンロ・キッチン水栓の同日交換工事!」翔・・・ | 「お湯が出ない!」給湯器のトラブル解決!

給湯器のトラブルは関東給湯器交換サービス
046-854-5557

「レンジフード・ガスコンロ・キッチン水栓の同日交換工事!」翔愛君、やるなぁー!そんなことパパは恐れ多くって・・・(笑)

こんばんは!

関東給湯器交換サービスの中川聖太です!

 

ただいま23時46分、帰ってきてから

やっとお風呂などが済んだので

これからパソコン仕事をしていきますが

日付超えちゃいそうですね(;´Д`)

 

当然、帰ってきたころには

チビたちは寝てましたが

嫁さんは起きて待っててくれました!

 

いつもありがとう・・・(´;ω;`)

 

ただ、帰ってきてから嫁さんの話で

面白かったのが・・・

 

日中に嫁さんが翔愛君に

「ママ痩せて欲しい?」と聞いたところ、

翔愛君が、「うん!!!ママ、痩せたらどんな

顔になるんだろうね!」だそうです(笑)

 

そして、そのために家の周りを

十回走れと言っていたそうです!

 

翔愛君やるなー!

ママを敵に回すと怖いぞー(笑)

 

僕は恐れ多くて・・・

 

今日ご紹介するのは、

神奈川県鎌倉市大船にある

戸建て住宅でのレンジフード・ガスコンロ、

キッチン水栓の交換工事についてです!

 

こちらのお客様には以前に

給湯器の交換工事をさせていただき、

再度ご連絡をいただけました!

 

ありがとうございます(´;ω;`)

 

まずはレンジフードの交換工事から

始めていきます!

 

交換前のレンジフードには、

株式会社ダイヤ製のAV・・・

その後の品番は読めませんでした(;´Д`)

 

取り外しは、部品をどんどん外していき

5分もあれば出来ちゃいます(^▽^)/

 

外したレンジフードの裏側がボードでしたので

木材が入っているところに補強板を

取り付けていき新しいレンジフードを

かけられるようにしていきます!

 

専用の取り付け部材を固定していき・・・

 

これで下準備完了です!

 

新しいレンジフードを設置して固定したら

上部に排気用ダクトを繋いでいきます!

 

そして幕板用の金具を本体と

横の壁にビス留めしていきます!

 

コンセントを入れてレンジフードを動かし、

排気漏れがないことを確認します!

 

 

幕板の長さを調整した後、本体に取り付けます!

 

本体と壁との隙間の部分に

コーティングを打ったら・・・

 

完成です!

 

新しいレンジフードには、

リンナイ製のXGR-REC-AP753SVを

設置させていただきました!

 

今回のレンジフードは、

ガスコンロと連動して勝手に

オン・オフをしてくれるタイプです!

 

操作パネルはこんな感じです!

 

 

 

 

ここからはガスコンロと水栓金具の交換を

同時進行で工事していきますので

少し写真の順番が見にくかったら申し訳ありません。

 

まず交換前のガスコンロには、

ハーマン製のDG3067NRが

設置されていました!

 

 

ガスコンロ本体から天板やガス配管を取り外して

固定しているビスを緩めたら撤去します!

 

交換前の水栓金具です!

 

こちらは品番がわかりませんでしたが、

一般的なワンホールタイプです!

 

シンクしたの収納に潜って水配管と

お湯配管を外して水栓本体を外していきます!

 

水栓を外すとすこーし跡が残ってますねぇ・・・

 

綺麗に削って掃除しました!

 

止水栓のところに古いパッキンが

残ったままになっていないかを

確認しておきます!

 

一方、ガスコンロの方では

外したガスコンロのところに汚れが

溜まってしまってますので

洗剤を使いつつ綺麗に掃除していきます!

 

綺麗になりました!!!

 

新しいガスコンロをはめ込んでいきます!

 

奥行から本体の位置を決めたら

ビスで動かないように固定します!

 

天板を置いて、こちらもビスで固定します!

 

ガスコンロ本体下部にある

接続口にガス配管を繋いでいきます!

 

 

開栓したら、ガス漏れしていないかを

お客様にも一緒にご確認していただきました!

 

 

水栓金具の方は、

止水栓にアタッチメントを取り付けます!

 

そして本体を固定するための台座を

前後間違えないように固定します!

 

 

完了!!!

 

本体を台座に固定したら、

配管を繋いでいきます!

 

通水して水漏れがないことや、

お湯・水ちゃんと出ることを確認します!

 

そしてお客様に見ていただきながら

水量調整をして完了です!

 

新しい水栓金具には、

リクシル製のJF-A461SYXを

設置させていただきました!

 

その後、新しくなったレンジフードの

使い方やお手入れ方法のご説明させていただき、

 

ガスコンロも同様にご説明させていただきます!

 

交換の際に触った箇所は帰る前に

除菌シートできれいに拭きます!

 

これで交換工事完了です!

 

かなりキッチンが明るくなりましたね(^▽^)/

 

最後にお客様と一緒に

記念写真も撮らせていただけました!

ありがとうございます!!!

 

中川聖太

ガス給湯器を交換する業者さんに注意してください

ガス漏れをきちんと機械で測定しない

業者さんが増えています。

 

ガス給湯器交換工事を依頼する時にきちんとこの質問をしてください

「ガス漏れはきちんと機械で測定して検知してくれますか?」

 

実はガス漏れに繋がる事なので

すごく大事な質問なのです。

 

ちゃんと工事をする施工業者は

きちんと確認しています

 

この機械できちんと検知していないと

ノリをつけずに接続した時に

機械で調べないとガスが

漏れているか分からないのです

 

これは私も実験したことがあります

シャボン液ではかけた時に

泡が出て漏れているか

解りませんでした。

微小漏れで泡がはじけないのです

 

すごく重要な事です!!!

ガス漏れをきちんと機械で

測定してくれる業者さんを

選びましょう!

 

うそのような本当の話

結構、

ガス検知器具を持っていない

業者さんが多いですよ!

しっかりと確認してくださいね。

 

その見積もりは「いくらぐらい?」ではなく「これ以上かからない!」見積もりになっていますか?

最近、お客様より良くお聞きすることですが・・・

どこの給湯器交換業者さんもハッキリと

工事金額を教えてくれない!

 

それはなぜか?

安い金額で広告を出して工事中に

「あの部材がないので金額があがります」

「もう一人いないと工事できません」

このような事を云ってくる

給湯器交換業者さんが多いみたいです

 

給湯器交換を一人で取付に来る業者さんに注意してください

何だかんだと重たい給湯器!

通常の物でも30キロ

重いものだと40キロあります

 

ちょっと高い位置やパイプスペースの給湯器は

通常の戸建て給湯器の作業しやすい給湯器交換から考えると

物凄く作業のしにくい作業になります

 

きちんと丁寧に取り付けて作業するには

2人で作業してくれる方が安心です

 

そして2人で水漏れ・ガス漏れを

きちんと確認をしてくれて

最後にお客様と一緒に確認

してくれる業者さんに

給湯器交換工事を頼んでください!

 

ガス給湯器の品番を教えていただくときにこのラベルの2つの品番をお教えください!

 

このように2つのラベルが貼られています

ラベルが読めるときは

この2つの品番をお教えください

この場合ですと

京ガス品番

松下品番が記載されています

 

熱源付給湯器の場合は

特にこの品番で何個床暖房が

使用できるのか?

が解るので重要な品番になります

お湯が出なくてお困りの方、今すぐご連絡ください!