「逗子市でのサンウェーブ製BBH-915からリンナイ製TLR・・・ | 「お湯が出ない!」給湯器のトラブル解決!

給湯器のトラブルは関東給湯器交換サービス
046-854-5557

「逗子市でのサンウェーブ製BBH-915からリンナイ製TLR-3S-AP901SVへの交換!(ガスコンロも同日施工)」このところ歯が痛い・・・さすがに痛すぎたので歯医者さんに行ってきましたが(´;ω;`)

こんばんは!

関東給湯器交換サービスの中川聖太です!

 

先日から歯がめちゃくちゃ痛くって

「はぁー虫歯かぁ・・・」なんて思いながら

歯医者さんへ行ってきました!

 

ですが、まさかの親知らず(´;ω;`)

 

もう前回ので、かなり嫌になっていたのに

またしても抜かなきゃなみたい・・・。

 

というのも、前回は抜いてからドライソケットに

なってしまい1か月くらい激痛だったので

本当に勘弁です(;´Д`)

 

とは言いつつも抜くしかないので

近々行ってきます・・・(泣)

 

今日ご紹介するのは、

神奈川県逗子市山の根にある戸建て住宅での

レンジフードとガスコンロの交換工事についてです!

 

交換前のレンジフードには、

サンウェーブ製のBBH-915が付いており、

 

ガスコンロには、サンウェーブ製HDG-312が

設置されていました!

 

まずはレンジフードから交換をしていきます!

 

既存のレンジフードから電線を外しつつ

部分部分に分けながら外していきます!

 

元々はプロペラ式でしたが

今回はダクトファンなので専用の部材を

使いつつ新しいレンジフードに交換をします!

 

元々のレンジフードの隙間を埋めていた

コーキングが残ってしまっているので

綺麗に取り除いておきます!

 

PTK-25というダクトファンに変えるための

隙間かくしを取りつけて位置を決めたら

ビスで固定をします!

 

そして本体を設置するのにビスを

先に打っておく必要があるので

ガイドに沿ってビス打ちします!

 

本体のダクトを取り付ける部分は

設置前に取り付けてビスで固定します!

 

新しいレンジフードを設置しました!

 

水平を合わせながら

ビスを締めて固定します!

 

ダクトを接続しました!

 

レンジフードの前面幕板を取り付けるための

部材を本体に取り付けていきます!

 

幕板の長さはその場で合わせて取り付けます!

 

レンジフードの隙間にコーキング打ちます!

 

養生をして綺麗に打ちました(^▽^)/

 

試運転をして正常に動いたら

レンジフードの交換工事が完了です!

 

新しいレンジフードには、

リンナイ製のTLR-3S-AP901SVを

設置させていただきました!

 

外側の排気部にはトップを取り付けて

ダクト内に何かが入らないように

メッシュになっている物を取り付けました!

 

ここからはガスコンロの交換を

していきます!

 

まず既存のガスコンロからガス配管を

取り外して付属品や天板を外し撤去します!

 

本体をどかすと隙間から入り込んだ

汚れが出てきます!

 

洗剤を撒いてカッターで綺麗にしていきます!

 

綺麗になりましたー!

 

下準備が出来たので新しいガスコンロを

慎重に設置していきます!

 

固定する前に操作部のパネルを

取り付けて位置調整をしていきます!

 

奥行などを測りながら設置する場所を決めて・・・

 

ビスを締めて固定します!

 

天板を置いて・・・

 

こちらもビス固定します!

 

本体下部にガス配管を接続します!

 

コックを開いたら専用のガス検知器で

ガス漏れしていないかを確認します!

 

そしてお客様に見ていただきながら

ガス漏れがないことや・・・

 

グリル内などのお手入れ方法や

電池の交換方法をご説明させていただきます!

 

もちろんレンジフードの使い方も

簡単にですがご説明させていただきます!

 

点火試験も行い問題ありませんでした!

 

新しいガスコンロには、

リンナイ製のRS31W27U12DGVWを

設置させていただきました!

 

帰る前に除菌シートでレンジフードやコンロ、

ドアノブなどの触った箇所を綺麗にします!

 

最後にお客様と一緒に

記念写真も撮らせていただけました!

ありがとうございます!!!

 

中川聖太

 

ガス給湯器を交換する業者さんに注意してください

ガス漏れをきちんと機械で測定しない

業者さんが増えています。

 

ガス給湯器交換工事を依頼する時にきちんとこの質問をしてください

「ガス漏れはきちんと機械で測定して検知してくれますか?」

 

実はガス漏れに繋がる事なので

すごく大事な質問なのです。

 

ちゃんと工事をする施工業者は

きちんと確認しています

 

この機械できちんと検知していないと

ノリをつけずに接続した時に

機械で調べないとガスが

漏れているか分からないのです

 

これは私も実験したことがあります

シャボン液ではかけた時に

泡が出て漏れているか

解りませんでした。

微小漏れで泡がはじけないのです

 

すごく重要な事です!!!

ガス漏れをきちんと機械で

測定してくれる業者さんを

選びましょう!

 

うそのような本当の話

結構、

ガス検知器具を持っていない

業者さんが多いですよ!

しっかりと確認してくださいね。

 

その見積もりは「いくらぐらい?」ではなく「これ以上かからない!」見積もりになっていますか?

最近、お客様より良くお聞きすることですが・・・

どこの給湯器交換業者さんもハッキリと

工事金額を教えてくれない!

 

それはなぜか?

安い金額で広告を出して工事中に

「あの部材がないので金額があがります」

「もう一人いないと工事できません」

このような事を云ってくる

給湯器交換業者さんが多いみたいです

 

給湯器交換を一人で取付に来る業者さんに注意してください

何だかんだと重たい給湯器!

通常の物でも30キロ

重いものだと40キロあります

 

ちょっと高い位置やパイプスペースの給湯器は

通常の戸建て給湯器の作業しやすい給湯器交換から考えると

物凄く作業のしにくい作業になります

 

きちんと丁寧に取り付けて作業するには

2人で作業してくれる方が安心です

 

そして2人で水漏れ・ガス漏れを

きちんと確認をしてくれて

最後にお客様と一緒に確認

してくれる業者さんに

給湯器交換工事を頼んでください!

 

ガス給湯器の品番を教えていただくときにこのラベルの2つの品番をお教えください!

 

このように2つのラベルが貼られています

ラベルが読めるときは

この2つの品番をお教えください

この場合ですと

京ガス品番

松下品番が記載されています

 

熱源付給湯器の場合は

特にこの品番で何個床暖房が

使用できるのか?

が解るので重要な品番になります

お湯が出なくてお困りの方、今すぐご連絡ください!