「横浜市金沢区での東京ガス/松下製AD-246RA-Qからリ・・・ | 「お湯が出ない!」給湯器のトラブル解決!

給湯器のトラブルは関東給湯器交換サービス
046-854-5557

「横浜市金沢区での東京ガス/松下製AD-246RA-Qからリンナイ製RUF-A2005SAW(B)への交換工事!」最近、家の車乗っていると道行く方々に、声をかけていただけるようになりました(笑)

こんばんは!

関東給湯器交換サービスの中川聖太です!

 

最近、町で車を走らせていると道行く方々に

話しかけられるようになりました(笑)

 

先日も信号待ちで止まっていると

横断歩道を渡っていた強面?のお兄さんに

「車かっこいいねぇ!綺麗にいじってるよぉ!」

なんてお褒めの言葉を・・・(^▽^)/

 

もちろん僕は嬉しいです!!!

 

ただ、普段は嫁さんが乗っているので

最初は周りの視線が嫌だったらしい(笑)

 

(だいぶ慣れてきましたけどね!)

 

近所のガソリンスタンドに行っても、

「最近けっこーお客さんに言われますよ?」

なんて少し噂?になっているらしい!

 

まぁこのぐらい目立たないと雑誌にも

載れませんし、趣味ってことで

嫁さんにはなんとか許してもらえてます(;´Д`)

 

今日ご紹介するのは、

神奈川県横浜市金沢区釜利谷南にある

マンションの・・・

 

ニューライフ金沢文庫」さんでの

ベランダ設置型給湯器の交換工事についてです!

 

交換前の給湯器には、

東京ガス/松下製のAD-246RA-Qが

設置されていました!

 

元々は浴槽内に2つ穴が空いていて

裏側にはバスヒーターが設置されています!

 

今回はこの機械を撤去して追い炊き式の

循環金具に交換をしていきます!

 

浴槽の表から循環金具を取り外して・・・

 

ユニットを撤去します!

 

フレキ配管は一度根元で取り外して

古いパッキンを取り除いておきます!

 

新しいパッキンに交換し循環金具に

フレキ配管を接続します!

 

 

上の穴にはメクラキャップをして穴を塞いで、

下の穴の循環金具で往き戻りをして

自動湯はりや追炊きの機能をします!

 

一度、浴槽内に水を溜めて裏側から

水漏れしていないかを確認します!

 

 

問題ありませんでした!

 

ベランダでは既存の給湯器に繋がっている

配管や配線を取り外して本体を撤去した後、

据置台も同じく撤去します!

 

お風呂に繋がっている配管は可能なところで

切断し部材を取り付けをしてフレキ配管を

繋げるようにしておきます!

 

 

新しい据置台を水平をみながら

設置・固定します!

 

 

水配管やお湯配管もフレキ配管を一度

取り外してパッキン交換をしておきます!

 

下準備が出来たので・・・

 

新しい給湯器を取り付けます!

 

元々の転倒防止金具を少し加工して

新しい給湯器と壁を固定します!

 

元々のビス穴などにコーキングを打っておき

雨水などが入らないようにします!

 

配管を接続していきます!

 

ガス配管を接続したらコックを開いて

専用のガス検知器でガス漏れしていないかを

しっかりと確認します!

 

給湯器に無線リモコンのユニットを

取り付けてリモコン線を本体に繋ぎます!

 

設置完了です!

 

交換前の台所リモコンです。

 

交換後のMBCTW-171リモコンの写真を

撮り忘れてしまいましたが、

台所・浴室ともに設置しています!

 

本体の排気口に斜め上に排気を逃がすための

カバーをとりつけていきます!

 

試運転で配管からの水漏れがないことを

確認したら保温材・保温テープを巻きます!

 

その後、新しくなった給湯器を見ていただき

今回の工事で交換しておいた消耗品や配管に

ついてのご説明やガス漏れ・ガス漏れが

ないことも一緒にご確認いただきました!

 

据置台の前面カバーも元に戻したら

交換工事完了です!

 

新しい給湯器には、

リンナイ製のRUF-A2005SAW(B)を

設置させていただきました!

 

そして新しくなったリモコンの使い方を

簡単にですがご説明させていただきます!

 

帰る前に除菌シートでリモコンや

水栓金具、ドアノブなど触った箇所を綺麗にします!

 

最後にお客様と一緒に

記念写真も撮らせていただけました!

ありがとうございます!!!

 

中川聖太

 

ガス給湯器を交換する業者さんに注意してください

ガス漏れをきちんと機械で測定しない

業者さんが増えています。

 

ガス給湯器交換工事を依頼する時にきちんとこの質問をしてください

「ガス漏れはきちんと機械で測定して検知してくれますか?」

 

実はガス漏れに繋がる事なので

すごく大事な質問なのです。

 

ちゃんと工事をする施工業者は

きちんと確認しています

 

この機械できちんと検知していないと

ノリをつけずに接続した時に

機械で調べないとガスが

漏れているか分からないのです

 

これは私も実験したことがあります

シャボン液ではかけた時に

泡が出て漏れているか

解りませんでした。

微小漏れで泡がはじけないのです

 

すごく重要な事です!!!

ガス漏れをきちんと機械で

測定してくれる業者さんを

選びましょう!

 

うそのような本当の話

結構、

ガス検知器具を持っていない

業者さんが多いですよ!

しっかりと確認してくださいね。

 

その見積もりは「いくらぐらい?」ではなく「これ以上かからない!」見積もりになっていますか?

最近、お客様より良くお聞きすることですが・・・

どこの給湯器交換業者さんもハッキリと

工事金額を教えてくれない!

 

それはなぜか?

安い金額で広告を出して工事中に

「あの部材がないので金額があがります」

「もう一人いないと工事できません」

このような事を云ってくる

給湯器交換業者さんが多いみたいです

 

給湯器交換を一人で取付に来る業者さんに注意してください

何だかんだと重たい給湯器!

通常の物でも30キロ

重いものだと40キロあります

 

ちょっと高い位置やパイプスペースの給湯器は

通常の戸建て給湯器の作業しやすい給湯器交換から考えると

物凄く作業のしにくい作業になります

 

きちんと丁寧に取り付けて作業するには

2人で作業してくれる方が安心です

 

そして2人で水漏れ・ガス漏れを

きちんと確認をしてくれて

最後にお客様と一緒に確認

してくれる業者さんに

給湯器交換工事を頼んでください!

 

ガス給湯器の品番を教えていただくときにこのラベルの2つの品番をお教えください!

 

このように2つのラベルが貼られています

ラベルが読めるときは

この2つの品番をお教えください

この場合ですと

京ガス品番

松下品番が記載されています

 

熱源付給湯器の場合は

特にこの品番で何個床暖房が

使用できるのか?

が解るので重要な品番になります

お湯が出なくてお困りの方、今すぐご連絡ください!